運動会の当日の朝 旦那が妻に放った信じられない一言シリーズvol3

お元氣さまです。夫婦関係の匠 大山ひろしです。

先週は温泉三昧。

青森そして箱根の温泉宿をはしごしてました。

また行きたいな~(#^^#)

さて、

旦那が妻に放った信じられない一言シリーズvol3です。

今日は大山家、子どもたちの運動会なんです。

日中は32度まであがる真夏日。

そんな日の朝、

身も心も凍り付くようなことが起こっていたんです。。。

それは、朝食を食べているとき。

妻は運動会の準備でバタバタしていました。

妻は朝食作って、子どもたちの準備に洗濯を同時並行。

そして、私はというと、朝食を食べ終わり、

こんな言ってはいけない一言を言ってしまいました。

私「あーー、まだちょっと時間あるから、

ミスチルのDVD久しぶりに見ようかな」

妻「… … …」

明らかに妻の態度が変わったのが分かる瞬間でした。

妻「じゃあ、私がミスチルのDVD見るから

あなたが皿洗いと洗濯やってくれる(怒)」

旦那「あ、、、ごめん…」

子どもたちもその空気の変化を察したようで

子ども(小1)「じゃあ、私が皿洗いするね!」

と言い出しました。

すると、

妻「こうやって私が怒ると、誰かが急に行動が変わるよね・・・

この前も下の子に怒ったら、急に上の子が“じゃあ、お風呂入る”って

すぐ寝るようになったし」

私「ここぞとばかりに、ママに気に入られようとしてるよね(笑)」

妻「そうだよね(笑い」

ということで、

ミスチルDVD問題は解決しましたとさ。

おしまい。

日ごろから、不満であっても共有し、

ありのままで接しているからこそ

日常のコミュニケーションがスムーズにいくんだなと

改めて実感した朝でした。

とは言っても、私の言動も気を付けます・・・(笑)

不満があってもうまくいく。

何があっても夫婦が仲良くなることにしかならない。

そんなコミュニケーションのポイントが学べる

無料メール講座を用意しています。

興味があれば、

こちらから登録できます

まずは、気軽に登録してみてくださいね♪

あっさりと夫婦の問題を解決し、心からお互いを思いやれる夫婦になる方法

夫婦関係の改善や夫婦円満に

役立てれば嬉しいです。

では今日はこの辺で。

大山ひろし